アレグラは眠気のこない薬

花粉症のシーズンになるとテレビコマーシャルでも見る機会が増えるアレグラですが、一般医薬品として販売されているのと同時に、皮膚科などでもアレルギー治療薬として処方されている薬です。
一般名はフェキソフェナジンですが、元々はテルフェナジンとして開発された経緯があります。
テルフェナジンは眠くならない薬として販売されましたが、心臓に対する毒性や肝障害を引き起こす可能性があるとして、販売が中止された薬です。
しかし、ここで開発は終わらず、副作用を抑えて安全性を高めたものがアレグラとなります。

アレルギーの発症は、原因とされる花粉などの異物が侵入すると、抗体となる脂肪細胞からヒスタミンなどの体内物質が放出され、蕁麻疹やかゆみ、クシャミなどの過敏症状が起こります。
アレグラは抗ヒスタミン薬で、抗体から放出されるヒスタミンを抑制することで、過敏症状を和らげる効果があります。
ただし、副作用などの安全性を重視したため、第二世代抗ヒスタミン薬の中では効果が弱い部類になっています。
効果が強い薬は副作用も強いと言われるように、アレグラもまた効果が弱いことから副作用が少なく、神経中枢への作用が薄いことで眠気が抑えられている薬です。
この背景と、副作用への軽さも含め、アレグラが市販薬として認可を受ける理由になっています。

ちなみに医師が処方するものと、一般医薬品として市販されるアレグラは、成分が同じものですので、どちらから購入しても効果は同じです。
保険を適用すれば価格も大きく違わないので、あとは対象年齢の問題だけとなります。
市販薬は15歳以上が対象となっているので、それ以下の年代に使用するには医師からの処方で購入する必要があります。
処方薬ではアレグラ30mgが存在し、7歳からの使用が可能となっています。