• ホーム
  • アレグラ処方の診断基準は鼻水?

アレグラ処方の診断基準は鼻水?

アレグラはアレルギー性の症状があると処方される薬です。
別名を塩酸フェキソフェナジン(fexofenadine)と言います。
花粉症といったアレルギー性鼻炎のの他、風邪の時の鼻水対策にもよく用いられます。
小児でも鼻風邪をひくとアレグラが処方されます。

この薬の特徴は副作用による眠気がないことです。
車を運転しなければいけない等、眠気がこない薬を服用する必要がある人にアレグラが処方されます。
アレグラは口の渇きや、排尿困難といった副作用も少ないと言われています。
鼻水を伴うアレルギー症状の他にも、蕁麻疹など皮膚の痒みを伴う症状がある場合も有効なお薬です。
よって鼻水が出ていないのに処方されても不思議ではありません。

錠剤もありますが、ドライシロップ(粉)もありますのでどちらがいいか医師に相談して決めることもできます。
アレグラは抗ヒスタミン剤なのでアレルギーそのものをなくす目的で作られているわけではありません。
ヒスタミンというアレルギー症状を引き起こす体内物質を抑える薬です。
よって花粉症であれば花粉をできるだけ吸い込まないようにすること、風邪であれば寝て休むなどして原因そのものに対処することも大切です。
そのうえでこのアレグラを飲むことにより症状が緩和されます。

速効性があるので急に症状が出てきたときもアレグラを持っていると安心です。
また、速効性だけではなく持続時間も長いとされていますので、服用は1日2回であり何回も飲まなくて済みます。

もしエリスロマイシン(エリスロシン)という抗生物質を服用している場合は、その旨を必ず医師に伝えなければなりません。
併用により血中濃度が上がってしまうこともあるからです。